活動報告

  • 2014.03.11 Tuesday
  • 11:00

こんにちは  Team ottoの高田です。


3月11日と聞いて、何があった日か答えれない人はほぼいないと思います。


東日本大震災から今日で3年が経ちました。

あの日のことは今でも鮮明に覚えています。

TVで流れている映像が現実のものだとは思えずただ茫然としてしまいました。

3年たった今でも復興がなかなか進まず、仮住居で暮らしながら頑張っている人たちが沢山います。


    
OTTOの各店舗では震災の次の日より募金箱を設置し、今日までたくさんの寄付を預からせて

頂いてます。ありがとうございます。そして、本日皆様のご厚意で集まった義援金を


「みんなのとしょかん」様へ送金させて頂いたことをこの場を借りてご報告させて頂きます。

「みんなのとしょかん」の代表川端様が「としょかん」への思いを綴ったブログがありますので、

是非読んでもらえたらと思います。

『私たちが設置する「としょかん」。図書館とは記載しません。
理由は大きく2つです。

一つは、私たちが設置するとしょかんは、設備も簡素で、決して大きいとは言えない場所です。
これは予算の関係もありますが、少しずつ地域の状況に合わせ、自由に変えることが出来る場所であるとともに、何より地域の方に育てて頂ける場所であってほしい、という思いがあります。
そんな場所だから「図書館」なんてカッコいい、大それた名前は付けず、これからも発展していく過程の場所として「としょかん」と名付けています。

そして、もう一つは、
私たちが設置するとしょかんでは色々な事が行われます。
カルチャー教室やパソコン教室はもちろん、外でバーベキュー大会や、音楽会まで。。としょかんに家族で来て、お弁当を食べながら本を読み聞かせしている光景も見かけました。
本来、図書館であればNGなものも「としょかん」ではOKです。
(飲酒、喫煙は全館NGにしていますが。。)

誤解をして頂きたくないのは、「図書館という建物はもっと寛容になるべきだ」なんて全く思ってはいません。むしろ、公共の場所である、という事と、書籍の保護の観点から、しっかりとしたルールに基づいた場所でなければならないと思っています。

私たちが「としょかん」を設置する理由は、知の充足は勿論ですが、
それよりも、

誰が行っても良い場所、
誰と行っても良い場所、
誰がいても気兼ねない場所、

そんな場所を、コミュニティの存続が難しくなっている地域につくる、
という事にあります。

「としょかんから始まるコミュニティを目指して」
誰が行っても良い場所だからはじまるものがある、出来る事がある、
そう思っています。

誰がいても良い居場所をつくる。
そんな居場所がすべてのまちにあってほしい。
でも、被災された地域や、過疎が進む地域、やもすれば都市部も、
そんな場所が見つからない状況を見かけます。

場所をつくりたいなら公民館でいいじゃない。
そう言われることもあります。
でも、「何でもしていい」と言われると、かえって何をしてよいのか分からなかったりします。(私の場合ですよ。)
なので「としょかん」という、緩やかな、本当にゆるやかな縛りがある事で、出来ることのイメージが沸きやすくなると思うのです。
としょかん、と言って館内で野球をする人はいないでしょうから。。。

だから、としょかんじゃなくても良いのです。
私たちじゃなくても良いのです。
誰がつくるかは問題ではなく、地域にそんな場所があるか、
それがあれば、それで良いのです。
すべての地域では、必ず頑張っている方がいらっしゃいます。
私たち以上に努力し、私たち以上に地域を思う方が。。

そして、そんな方々を応援する場所として、
としょかんがあっても良いと思います。

でも、もしそんな場所が地域にないな、
あれば良いな、、
と思ったら、
その時は気兼ねなく相談して下さいね。』

この様な思いで頑張っている人たちを私たちTeam ottoはこれからも

支援し続けていきます。

皆様のご協力お願い致します。

長文にお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

 

義援金活動報告

  • 2013.09.15 Sunday
  • 11:20

こんにちは チームOTTOの高田です。

先日東日本大震災から2年半が経ちましたね。

しかし、まだまだ復興には長い年月がかかりそうですね。

私たちOTTO各店では、レジ前にて義援金を集めさせて頂いておりますが

みなさまの温かいご厚意により集まった義援金を

今月13日に社団法人「みんなのとしょかん」様へ送金させて頂きましたので

この場でご報告致します。

今回はみんなのとしょかん様の活動の様子を少しご紹介させてもらいます



写真は、としょかんの床はりの様子です。

なんとみんなのとしょかんプロジェクトの方と地元のボランティアの方達による手作業

だそうです



こちらは完成後

安心して子供たちが本を読めるようになりましたね
 
こういった作業にかかる資材や工具類などすべて義援金で賄われている

そうです。

そしてチームOTTOでは、こういったとしょかんに設置する本も集めております

本を持ち寄るだけで出来る支援もあるのです

ちなみに今はビジネスや資格に関する本の需要が高いそうです。



ご家族を養う為、生きがいを見つけるために参考になる一冊を

探される方が多いのですね。

もちろん、小説やその他書籍も集めておりますので、

ご自宅に読み終わって眠っている本があれば是非お持ちください

お待ちしております。

それではまた

義援金活動報告

  • 2013.05.11 Saturday
  • 20:10
 こんばんは  teamottoの高田です

今回も皆様のご厚意で集まった義援金を社団法人「みんなのとしょかん」様へ

送金させて頂いたことを、この場を借りて報告させて頂きます。

ottoは震災以降「みんなのとしょかん」プロジェクトに共感し、支援を続けさせて

頂いております。

以前のブログにも書いたとは思いますが、今一度社団法人「みんなのとしょかん」様が

どのような活動をされているのかをお知らせしたいと思います。

「みんなのとしょかん」プロジェクトとは・・・

震災や自然災害などにより移住を余儀なくされ、コミュニティの再生が急務とされる

地域などにコミュニティを醸成できる場所として、図書館を設置する活動を行っています。

設置した図書館においてカルチャー教室なども開催し、地域での生きがいづくりや、技術取得の

お手伝いなども行っております。単に本を送るだけではなく、本棚や管理するための備品は

もちろん、図書館を自主的に無理なく管理するための地域づくりもサポートさせて頂いてます。

                                 (HPより一部抜粋させて頂きました)

5月現在で、累計20万冊の本を集められ、計12ヶ所に図書館を設置されています。

しかし、図書館も本もまだまだ足りないのが現状です。

ottoはこれからも支援を続けていきます。

皆様のご協力宜しくお願い致します。





 

義援金用途の報告

  • 2013.03.12 Tuesday
  • 22:54
 こんばんは!teamottoの高田です。

昨日で東日本大震災から丸2年が経ちました。

被災者の皆様にとっては長い長い2年だったのでしょうか?

昨日私は特番のTVを見ていて、印象に残ったことが2つあります。

1つ目はレポーターの方が言っていた「この2年はマイナスからゼロに戻す2年。

プラスになるのはこれからだ」という言葉です。

TVに映る被災地を見てその言葉に納得するしかありませんでした。

2つ目は震災のときのままの図書館の映像です。

時計は2時46分のままで止まっており、床は散らばった本で埋め尽くされたまま、もちろん

新聞も2011年3月11日のままでした。

このように震災で図書館や公民館など、人々が集まる場所を失った地域がたくさんあります。

私達が以前から支援させて頂いている、社団法人「みんなのとしょかん」様は

これまでそういった地域に仮設の図書館を建ててこられました。

今回は新たにクラウドファンディングサイト「READY FOR?」というプロジェクトを立ち上げ

られました。宮城県山元町のからっぽの図書館を大好きな本でいっぱいにしよう

というもので、昨日送金させて頂いた10万円(お客様のご支援で集まった5万円と

teamottoより5万円)はそのプロジェクトの少しでも力になればと送らせて頂きました。

また、お客様のご協力により集まった本も先日otto全店舗分まとめて届けさせて

頂いたことも重ねてご報告させて頂きます。

しかし、レポーターさんの言葉にもあったように復興はまだまだこれからです。

teamottoは震災を風化させないため、これからも継続して支援を続けていきます。

皆様のご協力お願い致します。








支援金の使途について

  • 2013.02.12 Tuesday
  • 17:22
 
team ottoは
お客様からお預かりした支援金を
「一般社団法人みんなのとしょかん」さんへ
隔月10万円送金しております。
(内訳:お客様から預った支援金5万円
team ottoから5万円)
 
先日
「みんなのとしょかん」さまより
宮城県山元町への図書館設置に向けて
クラウドファンディングサイト「READY FOR」にて
資金募集を行っているので可能であれば協力して欲しいと
相談がありました。
 
「1人でも多くの方に、被災地の現状を知っていただきたい!」
という思いで募集をかけられています。
 
このプロジェクトは
3000円、1万円、2万円、10万円の引き換え券を購入することで
資金を獲得する仕組みです。(詳細は下記のアドレスにあります)
3月16日(土)午後11:00 の時点で、2,000,000円以上集まった場合のみ、
決算が完了されます。現状は1,600,000円集まっているようです。
 
team ottoも少しでも力になれればと思い、
3/11に送金予定の10万円を
READY FOR
「被災地宮城県山元町のからっぽの図書館を
大好きな本でいっぱいにしよう」の
10万円引き換え券を購入に充てようと思っています。

もし、賛同して頂ければ、ご協力お願いします。
 
下記アドレスに詳細が書かれてあります。

義援金活動報告

  • 2013.01.15 Tuesday
  • 18:24
 こんにちは   piuの高田です。

ご存じの方も多いと思いますが、OTTO各店では3月11日に起きた

東日本大震災の復興支援を風化させないために、引き続き義援金boxにて

義援金を集めています。

今日は、皆様のご厚意で集まった義援金の一部を

社団法人「みんなの図書館」様へ送金させて頂きましたので

ご報告させて頂きます。

ottoでは義援金の他にも皆様が読まれなくなった本も

集めています。





社団法人「みんなの図書館」様は被災地に図書館を設置されているの

ですが、まだまだ本が足りていません。

家に眠っている本がありましたら、是非ottoへお持ちください。

宜しくお願い致します。

義援金活動報告

  • 2012.07.13 Friday
  • 18:45
 こんばんは   チームOTTOの高田です。

ブログで何度かお知らせしてますが、OTTOでは3月11日に起きた東日本大震災の
復興支援を風化させないため、義援金活動を行っています。

先日、皆様の好意で集まった義援金の一部を、社団法人みんなの図書館様へ

送金させて頂きましたので、この場を借りてご報告致します。






社団法人みんなの図書館様とは、被災地に仮設図書館を設置する活動を行う団体です。

図書館の利用を通して地域のコミュニケーションの活性化などのサポートもされています。






そこでOTTOでは、皆様の読まれなくなった本などを集めていますので、

お立ち寄りの際、是非お持ち下さい。

皆様の温かいご支援・ご協力宜しくお願い致します。



team otto 義援活動報告

  • 2012.05.17 Thursday
  • 21:37
 


こんばんは!

義援活動 チームオットーより simaがお届け致します。


先日Piu(ソラリア店)からのお知らせにもありましたように

ちゃんがottoを卒業された為

私がご報告いたします!





兼ねてよりお伝えしておりましたが


みなさまから支援していただいた義援金の一部を


「みんなのとしょかんプロジェクト」様へお送りいたしました!


カフェオットー各店、ボッテガオットー、コマンタレヴーでは引き続き
店頭での


・書籍(ハードカバーの本)
・実用書
・文庫 


等の本の回収と

義援金BOXでの募金活動を行ってまいります。



東日本大震災の復興支援や、義援が風化されない様

もっともっと同じ日本の被害を受けた人たちの力になれたら!

そう思ってチームオットーも尽力していこうと思っています。


みなさまのご協力、よろしくお願いいたします!

また、随時HPにて義援活動報告をさせて頂きますので

どうぞご覧ください!


みんなのとしょかんHP

http://www.mintosho.org/






チーム オットー sima

みんなのとしょかんプロジェクト・2

  • 2012.04.12 Thursday
  • 16:15





こんにちは、チームottoのPです。



今日からPiuの店内にお知らせを設置しています。





現在始動中の「みんなのとしょかん」プロジェクトについて、簡単にではありますが説明をさせていただいております。


内容については前回のブログでも説明させて頂きましたので

今回は改めて、現在募集している書籍をお知らせいたします。



・小説(ハードカバーのもの)

・実用書(料理・手芸など)

・人気漫画



児童書や絵本などはたくさん集まってきているので、上記の書籍のジャンルで寄付できるものがあれば、ぜひottoの店頭にお持ちくださいませ。


宜しくお願い致します。

「みんなのとしょかん」プロジェクト

  • 2012.04.05 Thursday
  • 18:28





こんにちは! チームottoのPです





すこし遅くなってしまいまいしたが、先日の義援金ミーティングの報告をいたします!


以前から動いているオリジナルマグカップは、もう少しでデザインが最終決定になります!

たのしみです〜!^^




そして、今日は。

新しく協力させていただく「みんなのとしょかん」プロジェクトについてお話させて頂きます。




「みんなのとしょかん」プロジェクトとは





社団法人「みんなのとしょかん」の川端様が主宰する、被災地に仮設図書館を設置する活動です。

東日本大震災以降、団体を立ち上げられ、現在までに宮城県石巻市、東松島市、亘理町や岩手県大船渡市など計10か所に図書館を設置されています。

また、現地の方に図書館を地域のコミュニティの醸成のツールとして活用していただくためのカルチャー教室(パソコン教室など)を開催され、仮設住宅でのコミュニティづくりのサポートもされています。

(川端様よりottoに頂いたメールの一部を抜粋させて頂きました。)



ottoも、福岡地域のコミュニティを大切にしているという点で、こちらの活動に共感し、協力させていただく運びとなりました。




仮設図書館を設置するにあたり、備品や書籍購入でお金がかかるようです。

送金に関してはまだ検討中です。





まず、出来ることとして、現地で必要とされている書籍を集めて送ること から始めていきます。



そこで、ottoスタッフだけでは限界もあるので

ぜひ、お客様にもご協力いただきたいのです!



わざわざ買う必要はまったくありません。


ご自宅にあるもので構いませんので、ぜひご協力をお願い致します^^




書籍は、分野の偏りを防ぐためにも「みんなのとしょかん」facebookページで随時お知らせされています。

ottoのブログでもお知らせしてまいります。


現在不足している分野は、ハードカバーの小説・料理や手芸などの実用書だそうです。




otto各店舗でお預かりし、一定数が集まりましたら現地に届けたいと考えておりますので

みなさまのご理解とご協力をお願い致します!!



近日、本の回収BOXも設置致します。

スタッフに直接お渡ししていただいてもかまいません。^^





上にリンクを貼ってますが、再度載せます。


社団法人「みんなのとしょかん」プロジェクト facebookページ
http://www.facebook.com/minnna.no.tosyokan


現地での活動報告も掲載されています。

ぜひ一度ご覧ください。



チームotto Pでした

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

アナライズ

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM